取り付け方法

葵工房の木製表札とガラス表札の取り付け方法についてのご説明です。

どの表札(マンション表札以外)にも裏面に2箇所のキーホール加工を施してありますが、これは設置場所に釘やネジを打ち込むことが出来る場合に利用が可能となりますが、キーホールのみの設置になりますと強風が吹いた場合に落下の恐れがありますので、出来ることならば外壁面用強力両面テープ又は強力接着剤との併用をお勧めします。

外壁用強力両面テープは、どこのホームセンターでも購入できます。表札の裏面と外壁面の汚れをしっかりと取り除き、表札の裏面いっぱいに両テープを貼り付けた後に壁面に強く押し付けて接着させてください。

超多用途強力型接着剤を使用すれば凹凸の激しい壁面への接着も可能です。両面テープ使用の場合と同じ作業にて取り付けてください。

両面テープ使用による接着、接着剤使用による接着、共にしばらくの間壁面に強く押し付け続けることによりより強固な接着が可能となりますので、ガムテープやその他を使用して一晩程度保持されることをお勧めします。

風水に特に拘った場合、設置場所の方角や位置も関係してくると思いますが、お住まいがマンションであった場合や新居を構える際に玄関の向き等を考慮しないで設計されている場合などがあり、そこまで風水に拘れる状態で無い場合が多いので、その点はあまり考えなくても良いかと思います。

尚、葵工房の表札は全てが天然木を使用した木製表札とガラス表札ですので、直接雨風が当たる場所に設置しますと経年劣化がより加速してしまいますので、軒下等の直接雨風が当たらない場所への設置をお勧めします。

取り付け方法につきましては、取り付け場所の材質等の条件によって異なってきますので、もしご心配の場合は施工業者にご依頼されるか、または自己責任にて設置してください。設置に関しての責任は当方ではお受けしかねます。

簡単・しっかり取り付け可能!

キーホールの写真

キーホールによる取り付け

取り付け場所に釘やネジを打つことが出来る場合、製品裏面の キーホール加工をご利用して取り付けることが出来ます。

キーホールによる取り付けは、あくまで落下防止のためとお考え下さい。

両面テープや接着剤との併用によって、よりしっかりと取り付けが可能になります。

両面テープの写真

両面テープによる取り付け

取り付け場所に釘やネジを打つことが出来ない場合でも、外壁面用強力両面テープによって取り付けることが出来ます。

別途630円にて、左記の両面テープの販売も行っています。

接着剤の写真

接着剤による取り付け

取り付け場所の凹凸が激しい場合は、超多用途強力型接着剤にて取り付けることが出来ます。

別途630円にて、左記の接着剤の販売も行っています。

ページの先頭へ