表札と風水の関係

中国で漢の時代から伝わる”気”の力を応用した環境学のことを「風水」と言います。

例えば、自分自身や衣食住などの環境に良い気を呼び込むことにより、自らの運を切り開いていく教本のような物、それが風水なのです。

人は、生まれ持った運命を変えることは出来ませんが、それ以外の運は風水で言う気の力を利用して変えたり増やしたりすることが可能なのです。

誰もが生涯に何度かは、急に運がめぐってきたとか、何かの機会に運が変わったとかいう経験があるのではと思います。

それはもしかしたら、自分でも気付かないうちに風水で言う気の力を利用して良い運を呼び込んでいたのかも知れません。

例えば、玄関に絵や花を飾ったりとか・・・

もしも、これから家を建てようと考えておられる方、新しい家に引っ越した方は、その家の周りの環境を見直してみましょう。

 風水的に見た表札選びのポイント

玄関の写真

表札は、その家に住んでいる人たちの名字や名前を知らせるだけのためにあると考えていませんか?

しかし風水的に見た場合、それは全くの間違いと言えます。

風水では昔から、“気”が重要と考えられております。

そしてその重要な気は家の玄関から入ってくると言われ、その家庭の運気を良くするも悪くするも玄関次第とされているのです。

例えるならば、ポストに名前が無い家には郵便物が届かなかったり間違って他の家に配達されてしまう可能性があるように、表札の付いていない家には良い気が入ってきません。

表札というのは、その家に○○という名前の人達が住んでいることを示し、「この○○という名前の人達に良い気を運んでください」という大変重要なサインでもあるのです。

また、「表札」は家の玄関のエネルギーを増幅する力があり、付けている表札次第で良い気を呼び込むこともあれば、逆に良い気の流れを遮断し悪い気を呼び込んでしまうことさえあるのです。

 それではどんな表札を選べば良いのでしょうか?

森林の写真

先の項で、良い気を呼び込むために大切な場所は玄関で、そしてその良い気を増幅させる役目は表札にあると述べましたが、それではどんな素材の表札を選べば良いのか?とお思いでしょう。

良い気の力を増幅させるポイント、それは”自然との共鳴”にあります。

従って、風水上では表札に使用する素材は「天然木」が良いとされています。

自然の強いエネルギーを吸収した森林に生える天然木は表札の力をを増幅させ、玄関に良い気を呼び込むことになるのです。

自然との共鳴には無関係で、風水的に負の要素を持つとされるステンレスやアクリル、また木の柄の貼り付けシートを用いた木製を装った表札などでは良い気を呼び込むどころか良い気の流れを淀ませることになってしまいます。

“気”の入口である玄関の力を強め、家庭に良い気を呼び込むことができるのは、天然木を使用した木製表札だけです。

“気”の入口である玄関の力を強めるため、そのご家庭に合った正しい表札を選び、ご家庭に良い気を呼び込みましょう。

サブコンテンツ

店主お勧めの風水表札

  • 長方形木製表札・檜・B

    長方形木製表札・檜・B

    文字を彫りこまず、文字の周囲を彫りこむことによって名前部分が浮き上がって見える浮彫加工で製作しています。風水で最も縁起が良いとされる浮彫と檜材とのマッチングは、まさに究極の開運表札と言えるでしょう。横型をお選びいただくことによって、洋風なイメージにも早変わりします。

  • 正方形木製表札・極み

    正方形木製表札・極み

    木製表札材の中でも最高級の一位材を使用、その色合い・木肌は他の材では見ることのできない、まさに極みと呼ぶに相応しい美しさです。ご購入いただきましたお客様からも、「平凡な玄関が華やかになった」「家の格が上がった気がする」等のお喜びの声を沢山いただいております。

  • 正方形ガラス表札・屋久杉

    正方形ガラス表札・屋久杉

    天然記念物の屋久杉とガラスを組み合わせ、天然木ならではの風合い引き出してみました。屋久杉以外には見られないたいへん細やかな木目を強調するため、表面にブラスト加工を施し凹凸を出しより立体感のある仕上がりになっています。葵工房創設時より今なお人気を保ちつつある大ヒット商品です。

  • 正方形木製表札・檜・A・板目

    正方形木製表札・檜・A・板目

    最高級木曽檜の板目材を使用した天然木を感じさせる仕上がり。「柾目材ではお値段が高くなる」「天然木らしい木目が欲しい」、そんなお客様のご要望から出来上がりました。天然木の風合いをお求めの方には最適かと思います。

  • 正方形ガラス表札・檜

    正方形ガラス表札・檜

    日本では昔から定番の檜表札ですが、表面へのブラスト加工とオイルステイン加工・ウレタンニス加工を施し、ガラスとマッチングさせることによって現代風の玄関にも大変よく似合うするガラス表札が完成しました。ガラスに色付加工を施すことにより視認性も抜群な仕上がりになりました。

  • 長方形木製表札・檜・E

    長方形木製表札・檜・E

    2015年暮れに発表した新作表札。葵工房独自開発のニス塗装により、艶を抑えたシットリ木肌を実現。現在、新作発表記念として特別低価格にてご提供中。2016年1月度・2月度の注文個数No.1、人気急上昇中の大ヒット商品です!

このページの先頭へ